スマートフォン用の表示で見る

山岳仏教

一般

山岳仏教

さんがくぶっきょう

日本の平安時代の僧である最澄空海などにより、政治と結びつきの強くなった奈良仏教の世俗化などに対する形で始められた山岳に行場を求めて行った修験者仏教のこと。古来からの山岳信仰とも融合し平安時代に急速に発達した。その後、山岳修行に重点を置く修験道へとつながり、神仏習合思想も生まれた。