スマートフォン用の表示で見る

山元隆春

読書

山元隆春

やまもとたかはる

教育学者、広島大学教授。1961年2月鹿児島県生まれ。1983年広島大学教育学部教科教育学科国語教育学専修卒業。88年同大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。鳴門教育大学助教授広島大学学校教育学部助教授、2006年広島大学教育学研究科国語文化教育学講座教授。2007-11年広島大学附属幼稚園長を兼ねた。1998年「文学の教授=学習に関する基礎理論の研究 読むという行為の解明を通して」で広島大学教育学博士。

著書

  • 文学教育基礎論の構築 読者反応を核としたリテラシー実践に向けて』溪水社 2005
  • 『読者反応を核とした「読解力」育成の足場づくり』溪水社 2014

共編著

  • 『国語科教育学の基礎』森田信義, 山元悦子, 千々岩弘一共著 溪水社 1993
  • 『読書で豊かな人間性を育む児童サービス論』難波博孝, 宮本浩治共編著 学芸図書 実践図書館情報学シリーズ 2012
  • 『読書教育を学ぶ人のために』編 世界思想社 2015

翻訳

  • リチャード・ビーチ『教師のための読者反応理論入門 読むことの学習を活性化するために』溪水社 1998
  • ジェニ・ポラック・デイ,ディキシー・リー・シュピーゲル,ジャネット・マクレラン,ヴァレリー・B・ブラウン『本を読んで語り合うリテラチャー・サークル実践入門』溪水社 2013
  • エリン・オリヴァー・キーン『理解するってどういうこと? 「わかる」ための方法と「わかる」ことで得られる宝物』吉田新一郎共訳 新曜社 2014