スマートフォン用の表示で見る

山口とも

音楽

山口とも

やまぐちとも

日本廃品打楽器協会会長。打楽器奏者、写真家

関連語 リスト::写真家

祖父、山口保治?は「かわいい魚屋さん」「ないしょないしょ」など数々の童謡を創った作曲家

父、山口浩一新日本フィルハーモニー/ティンパニー名誉首席奏者〕の長男として東京に生まれる。


つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入る。1980年「つのだ☆ひろとJAP’S GAP’S」でデビュー。

解散後、フリーのパーカッショニストとして中山美穂今井美樹平井堅石井竜也サーカスなど、数々のアーティストのツアーやレコーディングに参加。

 

95年の音楽劇「銀河鉄道の夜」をきっかけに廃品から様々なオリジナル楽器を作るようになる。

おおたか静流とのスピリチュアルなライブパフォーマンスやロックの中山ラビアヴァンギャルドジャズの三宅純等活動の場を広め、04年には日本演芸協会の福岡詩二氏から“打楽器コメディアン”の称号をもらい、浅草東洋館にもゲスト出演をし好評を博している。