山口彊

一般

山口彊

やまぐちつとむ

1916年長崎県生まれ。二重被爆者。

旧制中学卒業後、長崎三菱造船株式会社に入社。製図工として勤務する。

出張先の広島と帰郷した長崎で相次いで被爆

終戦後、解雇され、長崎に駐留していたアメリカ海兵隊に通訳として従事する。その後、中学の英語教員として7年間の勤務のあと、三菱造船へ復職。定年までタンカーの設計を担当した。

2006年8月、90歳で出演したドキュメンタリー映画『二重被爆』がニューヨーク国連本部で上映され、現地で反核スピーチを行った。

また、十代から短歌をはじめ、1999年、第37回原爆忌文芸大会で長崎県知事賞を受賞。