スマートフォン用の表示で見る

山口啓介

アート

山口啓介

やまぐちけいすけ

1962年 兵庫県西宮生まれ。美術家武蔵野美術大学卒業。1992年、Asian Cultural Councilのプログラムによりニューヨーク滞在。

同年、文化庁芸術家在外研修によりペンシルヴァニア大学(フィラデルフィア)にヴィジティングアーティストとして滞在。

1995年、大阪トリエンナーレ1994の関西ドイツ文化センター・デュッセルドルフ市特別賞を受賞、デュッセルドルフに滞在する機会を得る。

また1996年、アトリエ・ヒューアベックの助成でデュッセルドルフに滞在。

現在は、東京兵庫で制作、在住。

主な個展に、2002年「山口啓介植物の心臓、宇宙の花」西宮市大谷記念美術館、2003年「山口啓介展|空気柱光の回廊」高崎市美術館、2005年「いのちを考える山口啓介と中学生たち」伊丹市立美術館、2007年「山口啓介睡蓮地球図」国際芸術センター青森、など。