山口勝弘

アート

山口勝弘

やまぐちかつひろ

アーティスト

1928年昭和3年)、生まれ。東京出身。

戦後一貫して、さまざまなメディアを使って常に新たなアートの可能性を探り続け、日本の現代アートシーンに大きな影響を与えた。

1948年昭和23年)、日本大学法学部入学。同年、北代省三福島秀子らと「七曜会」を作り、抽象絵画を発表。

1949年昭和24年)、第1回読売アンデパンダン展、モダンアート展に出品。池田龍雄瀬木慎一らと「世紀の会」結成。

1951年昭和26年)、北代省三、福島秀子、武満徹秋山邦晴らと「実験工房」を結成。翌年、実験工房展で瀧口修造が「眼のオルゴール」と呼んだ「ヴィトリーヌ」を発表。

1956年昭和31年)、東京和光ホールで「清家清山口勝弘/装飾空間展」開催。

1960年昭和35年)、篠田守男建畠覚造毛利武士郎らと「集団現代彫刻」を結成。

1966年昭和41年)、第7回現代日本美術展に「Cの関係」 を出品。

1967年(昭和42年)、第4回長岡現代美術館賞展で大賞を受賞。

1968年昭和43年)、磯崎新らと株式会社「環境計画」を設立。同年、第8回現代日本美術展で東京国立近代美術館賞受賞。

1970年昭和45年)、日本万国博覧会三井グループ館チーフプデューサーとして全体劇場を構想演出。また「光の立方体」を展示。

1972年昭和47年)、かわなかのぶひろ小林はくどう中谷芙二子らと「ビデオ・ひろば」を結成。

1974年(昭和49年)、第11回現代日本美術展で「ラス・メニナスNo.1」を発表。

1977年昭和52年)、筑波大学芸術学系教授となる(1992年まで)。

1982年昭和57年)、グループ「アール・ジュニ」結成に参加。

1990年平成2年)、淡路島芸術村計画の推進運動を始める。

1992年(平成4年)、神戸芸術工科大学視覚情報デザイン学科教授となる(1999年まで)。

2001年(平成13年)、病に倒れるが、 リハビリに励みながら制作活動を続けている。

2006年(平成18年)、神奈川県立近代美術館で回顧展開催。

2018年平成30年5月2日、死去。