山口仲美

読書

山口仲美

やまぐちなかみ

1943年5月25日 - )

日本の国語学者。『源氏物語』や『蜻蛉日記』などの平安時代文学文体研究や、日本語の歴史における擬音語擬態語オノマトペ)の研究が専門。若者言葉の研究で知られている。静岡県静岡市出身。

来歴

1966年お茶の水女子大学文教育学部卒業、1968年東京大学大学院人文科学研究科国語・国文学専攻修士課程修了、1969年聖徳学園女子短期大学保育科専任講師、1970年共立女子大学短期大学部文科専任講師、1974年同助教授 、1988年「平安文学文体の研究」で東洋大学文学博士、明海大学外国語学部教授、1991年実践女子大学文学部教授、1997年埼玉大学教養学部教授、2008年定年退任、明治大学国際日本学部教授。2014年定年退任。

受賞・受章歴