スマートフォン用の表示で見る

山崎幹夫

キーワードの候補

2件

映画

山崎幹夫

やまざきみきお

自主映画監督、缶コーヒー収集家。ミニコミ『ムエン通信』主催。

1959年東京都立川市生まれ。14歳頃から缶コーヒーを収集し始める。

北海道大学文類に入学。文芸同人誌のメンバーを中心に、映画をつくり始める。

自主製作映画の上映に参加するなかで、石井聰亙長崎俊一、山本政志山川直人矢崎仁司山田勇男らと出会う。

現在のところ2007年に発表された『夜の心』が最後の作品となっており、しばらく新作を作る予定はないという。理由は「冷凍保存されたシングル8フィルムを使って撮る気はない」から。

主な作品

ダイナマイト・ロード』(82)

『海辺の記憶』(82 第6回ぴあフィルムフェスティバル入選)

ゴーストタウンの朝』(83 第7回ぴあフィルムフェスティバル入選)

『極星』(87)

『猫夜』(92)

『プ』(94)

『虚港』(96)

著作

缶コーヒー風景論』(洋泉社

『勇者のゆくへ★ファミコン無頼帖』(洋泉社

サイエンス

山崎幹夫

やまざきみきお

新潟薬科大学学長。1931年東京生まれ。東京大学大学院化学系研究科博士課程修了、薬学博士。千葉大学教授、薬学部長などを歴任し、1997年退官。2004年4月より現職。

毒薬についての著書多数。