スマートフォン用の表示で見る

山崎豊子

読書

山崎豊子

やまさきとよこ

山崎豊子1924年11月3日 - 2013年9月29日)(本名:杉本豊子)は日本の作家。

大阪府出身。

旧制京都女子専門学校を卒業後、毎日新聞社入社し、学芸部の記者として働きながら、当時の上司だった井上靖の指導で小説を書き始める。

大阪船場の生家をモデルにした『暖簾』でデビュー。

『花のれん』で1958年上半期の直木賞受賞。

白い巨塔』や『沈まぬ太陽』など社会小説で名高い。

シベリア抑留をテーマにした『不毛地帯』は映画化、ドラマ化と幾度となく映像化され、中国残留孤児の苦難を描いた『大地の子』などもベストセラーになった。

1991年菊池寛賞を受賞。

2013年9月29日、心不全で死去。

作品リスト