スマートフォン用の表示で見る

山森雅文

スポーツ

山森雅文

やまもりまさふみ

プロ野球阪急ブレーブスオリックス・ブルーウェーブの選手。 旧名「真幸*1」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は36番。

1960年11月26日生まれ。熊本県出身。血液型A型。

熊本工から1979年ドラフト4位で阪急ブレーブスに入団。

1981年9月16日、西宮球場でのロッテオリオンズ戦で、弘田澄男ホームラン性の打球をフェンスによじ登りキャッチ。

MLBより表彰を受け、捕球シーンのパネルが米国野球殿堂に飾られることになった。

守備の名手として、主に控えの野手として活躍。

1986年には定位置を掴み、102試合に出場。ゴールデングラブ賞を受賞。


1994年、現役引退。

1995年、日本ハム・ファイターズの守備コーチに就任。

2001年、オリックス・ブルーウェーブ二軍守備コーチに就任し、古巣復帰。

2004年、退団。

2006年、台湾プロ野球統一ライオンズの打撃コーチに就任。

2007年、千葉ロッテマリーンズのスカウトに就任。岡田幸文を見出だす。

2011年千葉ロッテマリーンズの一軍外野守備走塁コーチに就任。

2012年、千葉ロッテマリーンズの二軍外野守備走塁コーチに就任。

2013年、再び千葉ロッテマリーンズのスカウトとなる。


リスト::野球選手

*1:1988年のみ。