山水画

アート

山水画

さんすいが

東洋画で、山岳・河水を中心とする自然の風景を描(か)いた絵。人物画・花鳥画とともに重要な部門をなす。山水。

三省堂提供「大辞林 第二版」より