スマートフォン用の表示で見る

山倉和博

スポーツ

山倉和博

やまくらかずひろ

プロ野球選手・指導者・解説者。通称「意外性の男」。

右投右打、ポジションは捕手背番号は15番。

1955年9月2日生まれ。愛知県出身

東邦高校で1973年、春夏連続して甲子園に出場。センバツではベスト8進出。

1974年、ドラフト2位で南海ホークスに指名されるも拒否し、早稲田大学に進学。

1978年、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。

1979年、新人にして、開幕戦初マスクという偉業を達成する。

江川卓西本聖バッテリーを組み、80年代の巨人を支えた。

1987年には、22本塁打を放ちリーグ優勝に貢献。MVPに選ばれた。

1989年以降、中尾孝義の入団により出場機会が減少。

1990年、現役引退。NHK野球解説者を務める。


1993年長嶋茂雄監督の下、バッテリーコーチに就任。

1998年、退任。


現在はNHK野球解説者の側ら、マスターズリーグ札幌アンビシャス福岡ドンタクズの選手として活躍。

モルツ球団にも参加した。