山中鹿介 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

社会

山中鹿之助

やまなかしかのすけ

出雲の尼子家家臣。

月山富田城落城後、尼子氏旧臣の中心的存在となり、主家再興を目指して活動。

豊後大友氏の援助を得て、一度は出雲へ侵攻するが毛利勢に敗退。その後は織田信長を頼り、羽柴秀吉播磨に出陣するとその先鋒として最前線の上月城を任され、毛利の大軍相手に篭城戦を展開。しかし、援軍に駆けつけた羽柴勢は毛利勢と睨み合いを続けるばかりで、そのうえ信長の命により撤退。孤立した上月城開城し、鹿之助も捕らえられ、護送途上の備中にて殺害された。


「我に七難八苦を与え給え」というセリフが有名。

山中鹿介幸盛