山滴る

読書

山滴る

やましたたる

俳句における夏の季語。水分を含んだ木々の葉が目に沁みる様子。