山田かまち

読書

山田かまち

やまだかまち

1960-1977。群馬県高崎市生まれ。

1977年8月10日

山田かまちという17歳の少年が自宅の2階でエレキギターに感電しして亡くなった。

天才的画家、天才的詩人であったかまちは、沢山の言葉と絵をのこしていった。

かまちの死後、母親がかまちの部屋のベッドの下から沢山のそれをみつけた。

「1日が24時間じゃたりないよ」

「生きることを生きろ」

など、有名な言葉を残す。

同級生である氷室京介とバンドを組んだこともあった。