山田常山

アート

山田常山

やまだじょうざん

陶芸家 人間国宝

大正13年 愛知県常滑市生まれ。

少年の頃より名工といわれた祖父である初代山田常山に陶技を学ぶ。

初代没後の昭和22年頃から父の号小常山を名乗り、父親である二代目山田常山に師事。二代目没後に三代常山となる。

  三代が作る急須には、古典的なものからモダンなものまで、100種類以上の形があるといわれ、無限である。

  平成6年、朱泥急須で愛知県指定無形文化財保持者に、平成10年には常滑焼(急須)で愛知県初の国指定・重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、常滑焼の1000年の伝統と歴史を今に受け継ぐ。