スマートフォン用の表示で見る

山田暢久

スポーツ

山田暢久

やまだのぶひさ

サッカー選手。現役時代のポジションはディフェンダーミッドフィールダー

1975年9月10日生まれ。静岡県藤枝市出身。身長175cm、体重72kg。

サイドバック、右アウトサイドでの起用が多いがトップ下、ボランチ、ストッパー等複数のポジションをこなす。

好不調の波が激しく不調時には運動量が極端に落ちるため (`〜´)タリー などと揶揄されることもあるが、好調時の山田は相手チームに取って非常に脅威な選手となる。

年代別の日本代表でも活躍し、U-20日本代表として中田英寿松田直樹らとともに1995年FIFAワールドユース選手権に出場した。

2002年、ジーコ監督時代のサッカー日本代表A代表)に召集。一時期右サイドバックに定着するも、代表合宿の門限違反事件以来一向に呼ばれなくなってしまった。国際Aマッチ15試合出場、1得点。

浦和レッズ一筋でプレーしたが、2013年シーズン限りで現役を引退した。