スマートフォン用の表示で見る

山田和夫

映画

山田和夫

やまだかずお

映画評論家1950年代に『戦艦ポチョムキン』の上映運動に参加し、日本国内での最初の上映の成功に貢献した。その後は、もっぱら社会的観点からの映画評論映画史の研究をすすめる。エイゼンシュテインの全集の刊行(キネマ旬報社)にも深くかかわる。

日本映画復興会議のメンバーでもある。