山東京伝

読書

山東京伝

さんとうきょうでん

江戸時代の戯作者・浮世絵師

曲亭馬琴とも交流がありライバル関係にあった。

軽妙で粋な作風で知られるが、寛政3(1791)年、風紀を乱すとして手鎖の刑を受ける。

妻は元遊女の菊園(お菊)。同じく創作をしていた弟に山東京山、妹に黒鳶式部(早世)がいる。