スマートフォン用の表示で見る

山内一弘

スポーツ

山内一弘

やまうちかずひろ

50〜70年代のプロ野球選手、指導者。 旧名「和弘」。

通称「打撃の職人」「かっぱえびせん*1」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は8番。

1932年5月1日生まれ。愛知県出身

起工業から川島紡績を経て1952年毎日オリオンズに入団。

3年目の1954年から外野手に定着。

シュート打ちの名人とも言われ、内外角のボールを左右へ巧みに打ち分けるバットコントロールの持ち主であった。

その技術に加えてパワーもあり、1960年には32本塁打を放つなど、榎本喜八らと共に

毎日大映オリオンズ大毎オリオンズ)のミサイル打線の中軸として活躍した。

同年本塁打王打点王を獲得し、MVPにも輝いた。

1964年小山正明との「世紀のトレード」で阪神タイガースへ移籍。同年31本塁打を放ち変わらぬ打棒を見せた。

1968年根本陸夫監督の広島東洋カープに移籍。

1970年、現役引退。

1971年〜1974年、読売ジャイアンツ打撃コーチ。 1975年1976年阪神タイガース打撃コーチ。

1977年ヘッドコーチに就任。

1979年ロッテオリオンズの監督に就任。落合博満*2、リー兄弟、有藤道世弘田澄男らのミサイル打線でチームを1980年、1981年の半期優勝に導いた。

1984年、故郷の中日ドラゴンズの監督に就任。強竜打線を率いて快進撃に。

1986年、成績不振の為に監督退任。後任を高木守道に託す。

1987年〜1989年、読売ジャイアンツ打撃コーチ。1991年1993年オリックス・ブルーウェーブヘッドコーチ

1995年、阪神打撃コーチ。 1998年、台湾プロ野球の和信鯨(現・中信鯨)の打撃コーチ。

2002年、野球殿堂入り。

引退するまでに史上最多の39球場で本塁打を放ち、日本記録保持者である。*3

オールスターゲームでは毎年のように快打を放ち、「お祭り男」「賞金泥棒」などと呼ばれた。


名球会では最年長だった。

その後は野球解説者、株式会社エイトヤマウチ?代表取締役社長、マスターズリーグ札幌アンビシャスの監督などを務めた。

2009年2月2日、都内の病院で逝去。

*1:指導に熱心で、教え出したら「やめられない止まらない」と言う事から命名。

*2:但し当時の落合は山内の指導に納得できず、山内の指導を拒否していた

*3:2005年7月現在、現役選手での最多記録は阪神金本知憲の32球場