山腹工

一般

山腹工

さんぷくこう

山腹工とは、禿赭地あるいは崩壊地に植生を導入し、表土の風化、侵食、崩壊の拡大を防止して、土砂生産の抑制を図ることを目的とする工事。

斜面の山肌が露出している崩壊地は、放置したままでおくと、山の崩壊が拡大して、下流へ土砂が流出してしまいがちであり、崩壊場所では、山の表面の土が移動しやすく、植物の生育が困難で、ますます崩壊が拡大するという悪循環に陥りやすい。

このため、斜面の土砂崩れを防ぐ柵や壁を設置したり、植物がよりよく生育できるように、斜面を固定する基礎工事を施し、草木を植栽することによって緑化を進め、土砂が流出しない安定した地盤づくりをする工事を行う。

工種

山腹工の工種は、その目的から山腹基礎工、山腹緑化工に大別される。

山腹基礎工

のり切工等を行った後の堆積土の安定を図るとともに、山腹排水路を設け、雨水による侵食を防止することにより、施工対象地を将来林地とするための基礎作りを行う工法である。

山腹緑化工

施工対象地に直接植生を導入して緑化を図る工法である。