山暮らし

一般

山暮らし

やまぐらし

 「農村暮らし」「田舎暮らし」とともに記憶される生活形態だが、

どうしても高低差の大きな地域で暮らすことになるので、50ccの

原付自転車くらいは必要になり、収入源も限られるため、過酷な生活

形態である。それこそ「仙人」になる覚悟が必要である。

 なお、IT技術などのスキルのある人は、この限りではなく、快適な

山暮らしが送れることであろう。