山本三郎

社会

山本三郎

やまもとさぶろう

日本の幕末期の会津藩士。鳥羽・伏見の戦いに参戦するが負傷。その後、紀州から海路で江戸へ逃れたが、芝新銀座の藩邸で死去した。