スマートフォン用の表示で見る

山本鼎

アート

山本鼎

やまもとかなえ

1882(明治15)年〜1946(昭和21)年。洋画家版画家・美術教育家。愛知県岡崎生れ。北原白秋の妹、家子の夫。村山槐多の従兄弟。

1906年東京美術学校西洋画科卒業。1907年、森田恒友石井柏亭らと雑誌「方寸」を創刊。

1912〜1917年、渡欧。帰国後、再興院展に出品して認められる。

1918年、日本創作版画協会を創立、創作版画の育成に貢献。

1919年長野県に日本農民美術研究所を設立。美術教育家として、農民・児童の図画教育を提唱。

木版画が得意で、代表作は『サーニヤ』・『時化の朝』など。