山木兼隆

社会

山木兼隆

やまきかねたか

日本の平安時代末期の武将。平信兼の子で平兼隆とも。

伊豆国目代だった時に源頼朝の挙兵による襲撃により討ち死にした。