山陽3000系

一般

山陽3000系

さんようさんぜんけい

山陽3000系1964年より製造開始した通勤型車両である。

3連と4連があり、普通のほか、4連はS特急運用にも入る。

なお、同様車の3050、3200、3100、3550、3560系もここで記述する。

3000系

1964年登場。神戸高速鉄道開業に伴って導入された。

1次車2本はアルミ車として登場。それが評価され翌年のローレル賞を受賞。

窓枠の形状等、その後の増備車と違っている。

その後は鋼製車として製造された。製造時期によって仕様変更が一部行われている。

3050系

3000系冷房車として登場。その後3000系冷房改造されている。

基本的には3000系と同様。こちらも登場時期によって仕様変更が繰り返されている。

なお、後期タイプはアルミ車として製造されている。

1部は5000系転換クロスシート改造によって出てきた固定クロスシート?に変更されている。

3100系

特急増結車として製造、外観は3050系アルミカーと変わらない。

もっとも、製造当初はまだ増結の予定がなかったため、3000系、3619を姫路方につけて3連で運行、その後、計画自体なくなり現在でも同じ編成で走っている。

ちなみに3619は鋼製車のためアルミ車風の塗装?が施されてる。

3200系

3000系の車体に2000系の電動機を流用し製造した車両。一部には3000系からの編入車がある。

3550、3560系

前者は2000系から、後者は2300系から改造された中間車、

3連増加によって現存しない。

なお、1本は1500系救援車に改造された。