スマートフォン用の表示で見る

散逸構造

サイエンス

散逸構造

さんいつこうぞう

イリヤ・プリゴジンが提唱し、1977年ノーベル化学賞を受賞した理論。平衡状態でない開放系では、エネルギーが散逸していく流れの中で、自己組織化によって定常的な構造が生まれることを示した。

味噌汁が冷えていくときの模様や、太陽の表面で起こっているベナール対流の様相、うろこ雲など、自然界には散逸構造が多く見られる。