珊瑚海海戦

社会

珊瑚海海戦

さんごかいかいせん

 1942年5月、日本海軍アメリカオーストラリア連合軍の間で交された海戦。史上初の空母空母の戦いでもあった。日本はポートモレスビーという

要衝を欲していたが、海戦の結果、戦いの損害はアメリカオーストラリア軍のほうが大きかったが、ポートモレスビー

は攻略できず、戦略的には日本軍の負けとなった。日本海軍にとっては初めての失敗となる。また、大破したはずの空母

ヨークタウン」は早急の応急処置で「ミッドウェー海戦」に参加できるようになり、この戦いの帰趨にも影響することになった。なお、この時の指揮官は、井上成美(いのうえしげよし)中将だった。