スマートフォン用の表示で見る

産後クライシス

社会

産後クライシス

さんごくらいしす

妻が出産後、夫婦仲が悪くなったり、離婚に至ったりする現象のこと。

ベネッセ次世代育成研究所が2006年から2010年にかけて288組の夫婦を対象に行った調査によると、妊娠期、0歳児期、1歳児期、2歳児期でそれぞれ「配偶者といると本当に愛していると実感する」が時が経つに連れて減少しており、特に女性が著しい減少を見せている。

2012年9月5日のNHKあさイチ」で大きく取り上げられた。それによると「夫からのねぎらい」「夫の家事や育児への参加度」が関係しており、産後クライシスが起きなかった夫婦では妻が「自分が何をして欲しいかを言葉で伝えている」「家事協力してくれた夫をほめる」「家事をした場合に『6割でOK』と考える」の3つを心掛けていたという。