スマートフォン用の表示で見る

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者

サイエンス

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者

さんそけつぼうりゅうかすいそきけ

労働安全衛生法第76条に基づく資格。作業員が酸素欠乏に陥る危険性のある場所の作業において、酸素欠乏症または硫化水素中毒にかかるのを防止するために、作業の方法を決定、指揮をとり、測定器具・換気装置・空気呼吸器などの使用状況の監視を行う。

この資格を取得するためには、厚生労働大臣が認可した指定教習機関が行う技能講習を受講して、修了試験に合格しなければならない

旧名称は、第二種酸素欠乏危険作業主任者。