スマートフォン用の表示で見る

司教

一般

司教

しきょう

英語 bishop

キリスト教会における役職の一つ。

イエスの没後に成立した、最初期のキリスト教会には(1世紀後半)、監督、長老、執事などの教会奉仕職が存在していたことが、新約聖書で証言されている。

2世紀以後になると、これらは「司教」「司祭」「助祭」という位階制からなる役職に変わっていく。

司教は「使徒たち」の後継者とみなされ、司祭団と助祭団のサポートを受けながら、各地の地域教会を指導した。また、他の地域の司教とともに、教会全体の指導に責任を持ち、司教会議(シノドス)や公会議に参加、キリスト教の教義の形成に重要な役割を果たした。

6世紀以降になると、ローマ司教は「教皇」の称号を得て、全キリスト教会を指導するようになる。

地理的、政治的、文化的に重要な諸地域の司教は、大司教、総大司教という栄誉を与えられている。日本では東京大阪長崎大司教がいる。