スマートフォン用の表示で見る

史料批判

読書

史料批判

しりょうひはん

Quellenkritik

歴史学における代表的な方法論。ランケが提唱。

残されている史料を鵜呑みにするのでなく、真正の物か、どういう意図で残された物かを見抜くこと。

ものすごく単純化すると、「史料の嘘を嘘と見抜けない人には(歴史学は)難しい」ということ。