スマートフォン用の表示で見る

四街道市

地理

四街道市

よつかいどうし

千葉県四街道市は、千葉県の北部に位置する市。

千葉市佐倉市に隣接する。

面積は34.70km²、人口は90,651人*1

1955年(昭和30年)に千代田町と旭村が合併四街道町となり、1981年(昭和56年)4月市制施行。

2004年5月16日、千葉市との合併に関する住民投票が行われたが、田中康夫長野県知事(当時)の反対運動などの影響により反対多数で否決された。

市名の由来は、現在の四街道十字路にて、4つの街道(成田山道、千葉町道、東金道・馬渡道・船橋道が交わっていたことから。

沿革

1955年3月10日、印旛郡千代田町・旭村(馬渡は佐倉市へ編入)が合併し、印旛郡四街道町が誕生。

1957年1月1日、北部5集落(羽鳥、飯重、吉見、生ヶ谷、畔田)が佐倉市へ編入。

1959年2月1日、大日の飛地千葉市へ編入。

1981年4月1日、市制施行により四街道市となる。

2003年2月、四街道市の住民の発議により、千葉市との法定合併協議会が設置される。

2004年5月16日、「千葉市との合併の是非を問う住民投票」が行われ、反対票多数により千葉市との合併は白紙となる。

JRの駅に四街道駅があり、全ての普通と快速成田エクスプレスなどの一部の特急も停車する。

*1:2013年1月1日現在