四国征伐

四国征伐

(一般)
しこくせいばつ

天正10年(1582年)

織田信長による四国征伐。総大将は織田信孝、副将は丹羽長秀。本能寺の変により頓挫する。

天正13年(1585年)6月

羽柴秀吉による四国征伐。総大将は羽柴秀長。伊予へ毛利、小早川、吉川軍が、阿波へ羽柴秀長、秀次軍が、讃岐へ宇喜多、黒田、蜂須賀軍が侵攻する。長宗我部氏は同年8月降伏し、土佐一国のみ安堵される。河野氏は所領を失い竹原に移り、後に廃絶する。伊予は小早川隆景に、讃岐は仙石秀久に、阿波は蜂須賀家政に与えられる。


新着ブログ: 四国征伐