スマートフォン用の表示で見る

四捨五入

一般

四捨五入

ししゃごにゅう

おおよその数字や誤差の調整をする時に使われる際の数値処理のルール。

たとえば、円周率は厳密に言えば3.1415926535...と永遠に続く数値だが、実用では有効数字3桁までで使う事が多いため、この場合だと4桁目の数字を切り捨てるか切り上げる必要がある。

その際に、

  • 0-4までの数字(4以下)であれば切り捨て
  • 5-9までの数字(5以上)であれば切り上げ
    を行なう…というルールを定めて、およその数値を決定することがある。

これに従えば、4桁目の数字は1であるから切り捨てて、有効数字3桁で円周率を表す際の数値は「3.14」と定まる。

リスト::数学関連