四等官

一般

四等官

しとうかん

四部官四分官とも。

日本の律令制において官職員を四階級に分けていた制度。

役所によって職名に用いられる字はまちまちだが、基本的に読みは同じになる。

  1. 長官(かみ)
  2. 次官(すけ)
  3. 判官(じょう、まつりごとひと)
  4. 主典(さかん、そうかん)

大、少と分かれる場合は「おおい―」、「すない―」となる。