四日市

四日市

(地理)
よっかいち

四日市

(地理)
よっかいち

三重県の北部に位置するこの世の楽園。三重県内では最も人口が多いが名古屋の植民地と呼ばれたりもする。おそらく社会の教科書のおかげで名前だけはほぼ全国の人に知られていることだろう。戦後、旧海軍燃料廠跡地の民間企業への払い下げをきっかけに我が国初の石油コンビナートが建築され産業都市として発展、1960年から70年にかけては四日市喘息で一世を風靡し公害都市の名を欲しいままにする。現在では環境改善が進み既に公害の影は潜めているが、住人として言及させて頂くならば休日になると工場から挙がる煙の濃さと量が増し、今でも塩浜などでは立ち上る煙から超局所的な雨が降ると言う極めて不可解が現象が頻発している。四日市市民は津市が県庁所在地である事を納得できていない。

ネットの話題: 四日市

人気

新着

新着ブログ: 四日市