スマートフォン用の表示で見る

四面楚歌

一般

四面楚歌

しめんそか

四字熟語故事成語

東西南北にわたって敵に囲まれている様子。

類語;孤軍奮闘


広辞苑などによると「周囲がみな敵で、孤立無縁なようす」。

語源の由来:

司馬遷の『史記紀元前202年、漢楚の戦。

漢の劉邦においつめられた楚の項羽は、垓下の城壁にたてこもるが、四面楚歌を聞き驚く。

「漢皆已に楚を得たるか。是れ何ぞ楚人の多きや」と。

闇夜に歌声が聞こえる。項羽の故郷・楚の国の歌が、東西南北あらゆる方向から聞こえた項羽は、絶望する。

「漢は已に楚を全部降してしまったのだろうか。敵軍の中に何と楚の国の人が多いことか」と嘆く。

実は、漢の軍師張良が、項羽らの戦意を挫くために策だった。