士族の商法

一般

士族の商法

しぞくのしょうほう

明治時代初期に特権を失った士族が不慣れな商売に手を出して失敗したこと。(それから転じて、)偉ぶって下手な商売をする有様。

関連
武士の商法