始祖鳥

動植物

始祖鳥

しそちょう

鳥類祖先の一種と考えられる化石動物。ハトとカラスの中間くらいの大きさ。ドイツ南部のジュラ紀の石灰岩中から1861年に発見。翼の爪や歯を有する点で現生の鳥とは異なる。鳥類爬虫類から進化したことを示すものとされる。アーケオプテリクス。

大辞林 第二版」より