スマートフォン用の表示で見る

子規忌

読書

子規忌

しきき

1902年(明治35年)の9月19日、俳句短歌の世界で革新的な運動を行った正岡子規が亡くなった。子規という俳号はホトトギスのこと。自分が胸の病気で血を吐いてから、口の中が血を吐いたように赤い鳥・ホトトギスを自ら名乗ったという。

今日の記念日

関連