子宮頸がん からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

子宮頸癌

しきゅうけいがん

子宮の出口付近(膣に近い部分)にできる悪性腫瘍のこと。子宮頚癌とも。

子宮癌のうち、7~8割を占める。

子宮頸部は直接観察したり接触したりすることが可能であるため、早期発見も可能な癌である。

子宮頸癌は早期発見・予防ができる癌なので、20歳を過ぎたら症状がなくても1~2年に一回の検診を受けることが推奨されています。集団検診などを利用しましょう。

原因

ヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれる、いぼをつくるウイルスへの感染が関連しているとされており、実際ほとんどの子宮頸癌患者からこのウイルスが検出されている。

ヒトパピローマウイルスは性交渉によって感染すると考えられている。

このウイルスへの感染を防ぐワクチンも開発されている。参考→ 子宮頸癌ワクチン

症状

初期には無症状。進行すると、不正出血、おりものの増加、性交時の出血、経血の増加、生理が長引くなどの症状がみられる。

治療

基本的には手術で癌を取り除くのが一般的な方法であるが、最近では患者の年齢や進行度と妊娠出産の希望を考慮したうえで、子宮を温存する治療をすることも多い。

外科療法のほかにも放射線療法化学療法も用いられる。

(参考→癌の外科療法癌の放射線療法癌の化学療法

診療科婦人科