市河三喜

読書

市河三喜

いちかわさんき

英語学者。東京都下谷生まれ。1886年2月18日〜1970年3月17日(明治19年〜昭和45年)。

1909年明治42年)、東京大学文学部言語学科卒。在学中はジョン・ローレンス(1850年〜1916年)の指導を受け、英語学を専攻した。大学院に進学し、1912年〜1916年(大正5年)イギリスアメリカなどに留学した。帰国直後母校の東京大学助教授となった。1920年1946年昭和21年)は同大学教授を務めた。科学的実証英語研究のベースを築いた立役者である。日本の英語研究の水準を高めた『英文法研究』をはじめ、英語学の発展に大きな貢献をなした。1929年に日本英文学会、1931年に日本シェイクスピア協会などの設立に力を入れ、初代会長を努めた。東京大学図書館長も務め、所有した蔵書を東京大学慶応義塾大学津田塾大学などに寄贈し、「市河文庫」を創設した。英国王立文芸協会名誉会員、1943年学士院会員、1959年文化功労者