スマートフォン用の表示で見る

市原悦子

アート

市原悦子

いちはらえつこ

女優。声優。本名は塩見悦子。

1936年1月24日、生まれ。千葉県出身。

ワンダー・プロダクション所属。

夫は舞台演出家の塩見哲

1957年、俳優座養成所を卒業し、俳優座へ入団。児童劇「りこうなお嫁さん」デビューの後は、歌や踊り、喜劇をはじめ、様々な演劇分野に進出。傑出した才能を示し、数々の賞を受賞する。

1971年中村敦夫原田芳雄菅貫太郎らと、俳優座を集団脱退。翌年、夫の塩見哲らと番衆プロを設立し、テレビドラマなどで活躍する。

1975年ATG映画「青春の殺人者」で主人公の少年に殺される母親役を熱演し注目を浴び、その後「赤い殺意」「岸壁の母」などで昼ドラのクイーンとして君臨し、同年開始の『まんが日本昔ばなし』では、声優として、常田富士男と共に2人芝居で話題となる。

1983年、長寿シリーズ『家政婦は見た!』がスタート。当初は2時間枠であったが、1997年には連続テレビシリーズとしても登場。名脚本家柴英三郎の描く現代社会の病巣と、それを覗き見る家政婦が好評を呼び、2008年まで続いたシリーズとなった。

その他にもドラマスペシャルシリーズを数本持つ傍ら、1999年より開催の「市原悦子ロードショー」では、歌や朗読を交えた市原の魅力の集大成が披露されている。

圧倒的な存在感と演技力で、今も尚第一線で活躍する名女優である。

受賞歴

1958年:新劇新人推賞「びわ法師」

1959年芸術祭奨励賞千鳥

1962年:新劇演技賞「三文オペラ

1964年ゴールデンアロー賞新人賞ハムレット

1975年紀伊國屋演劇賞個人演技賞「トロイアの女

1986年:都民文化栄誉賞

1990年日本アカデミー賞最優秀助演女優賞黒い雨

1997年日本アカデミー賞助演女優賞うなぎ

1999年:読売演劇大賞優秀女優賞「ディア・ライアー」

2003年:山路ふみ子映画賞女優賞「わらびのこう 蕨野行

2009年:読売演劇大賞優秀女優賞「ゆらゆら」