市原臨海競技場 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

市原緑地運動公園臨海競技場

いちはらりょくちうんどうこうえんりんかいきょうぎじょう

千葉県市原市市原緑地運動公園にある陸上競技場略称市原臨海競技場

日本陸上競技連盟第2種公認陸上競技場。収容人数は14,051人。

サッカーJリーグジェフユナイテッド市原・千葉のかつてのホームスタジアム。

2005年10月より千葉市フクダ電子アリーナがオープンし、その後ゴール裏の仮設スタンドが取り払われた。このためにJリーグ ディビジョン1(J1)開催基準となる観客収容数を満たさなくなり、2006年以降Jリーグの試合では使用されていない。2010年をもってジェフユナイテッド千葉の本拠地登録からも外れた。

2013年時点で、全国高等学校サッカー選手権大会では使用されている。

施設命名権

2012年、市原市が当競技場と市原臨海球場、市原市中央武道館の3点セットで命名権ネーミングライツ公募。その結果、市原市に本社を置くゼットエー株式会社命名権ネーミングライツ)を取得し、2013年4月1日から2016年3月31日までの3年間、当競技場は「ゼットエーオリプリスタジアム」の施設愛称となる。契約金は年額450万円(3施設一括)。