スマートフォン用の表示で見る

志賀海神社

地理

志賀海神社

しかかいじんじゃ

福岡県志賀島にある神社。しかうみ、しかのうみ、などとも読む。

主祭神は、底津綿津見神、仲津綿津見神、表津綿津見神。配祀は、玉依姫命、神功皇后、應神天皇、さらに社紋は三つ巴と、まるで八幡宮のようでもある。別表神社。旧官幣小社。式内社(並名神大)。

ここ志賀島は、古代の海人であった阿曇族の拠点であったと考えられている。阿曇族がたどり着いた土地には、渥美、熱海安曇野など、氏族名に由来する地名が付いているとされる。

参道には清めの砂があるので、参拝の際には使用されたい。