志帥会

一般

志帥会

しすいかい

自由民主党派閥。通称は村上・亀井派→江藤・亀井派亀井派伊吹派

平成10年(1998年)、自由民主党政策科学研究所(旧渡辺派)の後継をめぐり、山崎拓らが近未来研究会(山崎派)結成して分離した。派閥のオーナーであった中曽根康弘らは、清和会から離脱した亀井静香のグループと合流し、平成11年(1999年)3月18日に「志帥会」を結成した。 初代会長は、参議院自民党幹事長を勤め「参議院の法王」の異名を取った村上正邦が、会長代行に亀井静香がそれぞれ就任した。村上が参議院議員会長に選出されたことを受けて、第二代会長に江藤隆美が就任した。江藤は、いわいる「抵抗勢力」の代表として、小泉純一郎の批判にまわった。江藤の引退を受けて平成15年(2003年)10月10日亀井静香が第三代会長に就任した。平成17年(2005)8月15日、亀井静香が会長を辞任。12月に伊吹文明が会長に就任。2009年の衆院選では中川昭一*1らが落選し弱体化。


2009年11月、さきの衆院選で同様に弱体化した新しい波二階派)を編入合併

*1:10月に逝去。