志水富夫

読書

志水富夫

しみずとみお

国文学者。(1930年-2001年3月19日)

東京府武蔵村山生まれ。旧姓・高野。東京高等師範学校に入学し、東京教育大学卒、立川市立第三中学校教諭、調布市神代中学校教諭、東京都武蔵高校教諭、東京都九段高校教諭、聖徳短期大学教授。聖徳大学教授。2001年定年退任直前に死去。清水義夫の父。妻の父は志水義翮(よしあき)はドイツ哲学者大阪外国語学校教授などを務めた。

著書

共編