スマートフォン用の表示で見る

志明院

地理

志明院

しみょういん

京都洛北山中にある寺院。勅令寺院であるため、一般からの賽銭等は受け取らなかったという。妖怪現象でも知られる。

洛北雲ケ畑の険しい山中にある志明院は、岩屋山不動教の本山。白雉元年(650)に役行者が草創し、天長6年(829)、空海淳和天皇の勅願により再興したと伝える。諸堂が点在し、岩屋山全体が山岳道場となっている。天保2年(1831)に山門を除くほとんどが焼失したが、空海作と伝えられる本尊不動明王は焼失を免れた。鴨川の水源である洞窟の湧き水を神聖視して皇室の崇敬が深く、水神を祀り、清浄な鴨川の御用水を祈願したという。水伝説として歌舞伎十八番の『鳴神』が名高く、飛竜の滝は鳴神上人の行場でもあったという。