スマートフォン用の表示で見る

支那

地理

支那

しな

一般に言う「中国」。殷、周から現在の中華人民共和国に至る国家、あるいは版図、地域の意。

秦王朝の秦(チン)がインドに伝わって「チーナスターン」となり、それが漢訳仏典の形で逆輸入される時に「支那(シナ)」等と音訳されるようになった。英語の "China" や、仏語の "Chine" も同源。

初出については多説あるが、日本でも古くから使われていた言葉で、江戸時代には新井白石の著述にも使用例が見られる。

また、「中国」というと「中華民国(台湾)」を含めてしまう、あるいは日本の地方名の「中国」と重複するなどの向きからは、明確に区別するために使用される場合もある。また、本来「中国」という言葉は「世界の中心にある我が国」というくらいの意味であり(実際、日本神話の中で日本のことを指して「中国」と書いている例がある。「中華」も同じような意味)、中国以外の国がかの国のことを「中国」と呼ぶのはおかしいという意見もある。

以上のように、差別語として成立された言葉ではないが、「支那事変以降は差別的な含みを込めて使われるようになった」と中華民国中華人民共和国側が主張していることから、「使用しないことが望ましい語」として扱われている状況がある。また、特に反中国的な思想を持つ人たちがことさらに支那という呼称を用いる傾向があり、その影響もあって「支那」という言葉が差別的表現と認識されることも多い。

しかし、英語や仏語が同源の "China", "Chine" を用いていることについて、同国民や社会はエクスキュースを要求されない状況を、「日本人にだけ支那と呼ぶのを許さないのは不公平」とする意見もある。アジア諸国でも、「中国」系の呼称を用いているのは、南北朝鮮とヴェトナムくらいで、他の国々の多くは「シナ」系の語を用いている。どちらでもない国もあり、例えばロシアでは「キタイ」を用いている。

用例・・「支那そば」「支那竹(しなちく)」「東シナ海」「シナントロプス・ペキネンシス(北京原人の旧学名)」